写真整理


こんばんわ、ふうパパです。
最近、写真の整理を試行錯誤しています。
私はiPhoto’08であまり深く考えずに、読み込み、イベントごとに整理しています。
レタッチも自動補正+赤目補正+キズ補正ぐらいです。
顔を隠すときぐらいにphotoshopを使います。
明るい時間に撮れる写真はこれで良いのですが・・・
つまり室内や暗い場合、露出補正を大量にしなければならないのです。
最近、Photoshop Lightroom2を試用中です。
露出補正を大量に、初代Macminiで、MacOSX 10.4で、となるとAperture2はインストールすらできない。
そんな古いMacでも動作する、ありがた〜いアプリケーションです。
iPhotoとの連携を考えると、Apertureなんだけど・・・ね。
iPhotoのライブラリは特殊な構造で、確かにiPhotoから修正したファイルはいつでも
オリジナルに戻せる。
でも100GBの写真すべてを修正したら、単純に200GBですよ。
オリジナルは圧縮しているのならまだわかるけど、倍はないよ。
ほかのアプリケーションでiPhotoのオリジナルファイルを修正したら、いろんな問題が出ました。
とりあえずは解決したので、誰かの役に立つかもしれないので書いておきます。
(iPhotoを画像ビューワーとして使う人には役に立つかも)
今のところ、サムネイルが修正した画像にならない、EXIF情報が消えた(サムネイルの大きさによっては消えていない)と言った問題はiPhotoのライブラリのメンテナンスで解決しました。
Option + Commandキーを押下しながら、iPhotoを起動するとライブラリのメンテナンスができます。
表示されるメンテナンスオプションで、すべてのサムネイルを再構築をやればサムネイルは表示されました。
どのオプションがどの問題に効くのか、そこまでわかりません。
なので、試行錯誤してください。

Comments are closed.