イレクターパイプ


コーシング前日。
車に荷台として、イレクターパイプを使って棚を作ろうとビバホームへ。
材料を物色していると、我が家目立つらしく(そりゃそうか。)店員さんでもないのに声をかけられる。
「イタグレですよね?うちにも五頭いるんですよー」という男性から声をかけられた。
去り際に「またね」と言われたけど、飼い主さんの顔はほとんど記憶にない。
わんこを見れば、どこのわんこかわかるけど、・・・。すみません。
日曜日に会うのかもしれないなど、どの仔の飼い主さんだろうか?と考えても出てこない。[E:crying]

送信者 イレクターパイプ工作_1
送信者 イレクターパイプ工作_1


さて、ビバホームでパイプをカットしてもらいました。
担当してくれたおじさんがまた面倒。
指示内容:2000cm(2m)を4等分、1500cm(1.5m)を2等分してください
おじさん「mm単位の精度は出せません。」
おじさん「50cmちょうどにはできません。49cmでいいでもいいですか?」
いやいや、等分してくれたらいいんです!
切断面のクオリティは求めていないので、ワンカット50円でやってもらいました。
専用のパイプカッターは3850円らしい。
この先パイプでセカンドシートにも棚を作る予定だけど、それでも4000円は高い。

送信者 イレクターパイプ工作_1
送信者 イレクターパイプ工作_1

このイレクターパイプで工作する場合、この専用接着剤は必要です。
パイプのプラスチック?部分をこの接着剤で溶かして、固めます。

送信者 イレクターパイプ工作_1

大量にジョイントを買ってきました。

送信者 イレクターパイプ工作_1

こういうバリをダイソーで買ってきた棒ヤスリでバリ取りします。

送信者 イレクターパイプ工作_1

やっとバリ取りが終わったので、ジョイントをつなげて仮組みします。

送信者 イレクターパイプ工作_1

仮組みしてみた。あれ?
これでいいんだっけ?
これだとクレートはつめない。というより、棚として機能しない。
ノートに図面書いて、長さと本数から必要なパイプも全部計算した。レジ前にカートの中身もチェックした。
何が足りないのだろう?

送信者 イレクターパイプ工作_1

ん?
そうそう。ただしい組み立てはこうだ。

送信者 イレクターパイプ工作_1

天板を受ける棚受けのジョイントもつけて、仮組み完了。

送信者 イレクターパイプ工作_1

接着するパーツごとにばらして・・・

送信者 イレクターパイプ工作_1

ジョイントの溝から接着剤を流し込みます。

送信者 イレクターパイプ工作_1

接着の様子は写真に撮りませんでした。
コツは・・・
・仮組みをすること。
・接着する際は上からたらすようにする
・接着する際は歪まないように接着しないパイプをジョイントにさしておいて固定する(間違って接着しないでね)
・パイプのプラスチック部分が溶けて、固まることで接着するのであふれない程度にしっかり接着剤を注入する
今回トリミングと工作日程がかぶってしまったので、仮組みした時点で車に設置していません。
目の前に車があるのなら、仮組みした状態で車に設置した方がいいです。
我が家の棚は、よく言えばどんなに急ハンドルを切っても棚は横にはブレない。
悪く言えば、積み降ろしがスムーズにいかないぐらいきっちりはまっています。
次はベッドにしようかな。
はやく完成させたいコーシングマシンとバッテリの積み込むスペースを考えて、もう一工夫が必要かもしれません。
同じ指向を持った人で楽しく遊べるように作りますよ〜
追記
パイプに張られているシール(バーコードや商品名)は接着前にはがしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>