Tag Archives: 映画

WALL・E/ウォーリー


ふうパパです。
ピクサーのアニメが好きなので、WALL・E/ウォーリーを見に行ってきました。
ウォーリーの起動音がMacの起動音だったり、iPodが出て来たり、地味なところで喜んでいました。
原則、字幕しか見ないので効果音ばかりの映画に失敗か?と思いましたが、
いろいろ考えさせられる内容でした。
ルイキャロ家やラテママさんも今年最後の記事を投稿されたのを読んで、最後書くか〜。
最近RAW現像とレタッチについて検討しているのですが、使用中のMacminiだとAperture2が動作制限にひっかかってNG。
SILKYPIXはもっさり。だめ元でLightRoom2を試用中です。
RAWだけでなくJPEGも調整できるので、iPhotoで逐一やるより効率はいいです。
そこそこ動くし、なによりインストールができる!
大不況の中、新しいiMacの購入を検討し始めました。月々1万円ならありかもしれないが・・・
さて、今年の最後の記事を書いている最中、眠たくなったそりっぷママがわがまま言っています。
毎年、近所のお寺に鐘をつきにいくのですが、相当眠いらしいです。
さっきまで動物の森やってたのに・・・
映画の話でした。
エンドロールを眺めていたら、やっぱり出て来たジョブズさん。
モンスターズインクのマイクが好きなのですが、WALL・E/ウォーリーでは「モー」が好きです。
頑に掃除をする、ただ掃除するだけなんですが・・・
1月のマックワールドで新しいiMacが発表されたらうれしいなあ。
さよなら、2008年。
おいでよ、2009年。

しゃった〜 & ハムナプトラ3


みなさん、おはようございます。
先週のドッグラン松戸の写真がまだ未掲載のままですが、今日は久しぶりに映画を見に行ってきました。
ハムナプトラ3は先行上映で見たので、今日はシャッターです。
ママ曰く、「今年の夏、唯一のホラー映画なので、見に行く。」
ん?!見に行くことは決定されていたようです、ずいぶん前から。
映画のないようについてはとりあえず触れずに行こう。
アリオ(亀有)で見たのですが、私たちを含めて20人いなかった。
このジャンルを好んでみるのはよっぽどの好き者でしょうが、ホラー映画としての筋はよかった。
ただし、リングの影響を受けすぎているので新鮮みがない。
ま、今googleで調べてみたら、モロにリングの関係者じゃないですか。
日本人/欧米人が怖いホラー映画を撮るのは難しいと思います。
だって怖いと思う対象が真逆なんですよね。
いわゆる心霊写真という概念は日本にしかないのでしょう。(落合さんへのインタビューでもそう書いてました。)
目に見える恐怖と、実際に触れられる恐怖。
ママには言わないけれど、目でものを見るのではなく、脳で見る訳ですよね。
触れられるということは、少なくとも五感のうち二感で現実に感じ取る。
視覚に関して言えば、眼球から入る光を網膜に投影して、脳で理解する。
タイトルのシャッター、視覚、光、そしてカメラ、写真。
「リング」の場合、映像でしたね。
見えたり、見えなかったりすることに恐怖を感じる日本人独特の感覚。
これを無理矢理真逆の感性向けにリメイクしても、日本人は怖くない。
今回のシャッターのキャストは欧米人がメインだったので、洋画だと勘違いしてました。
奥菜恵は絶妙です。偏見ですが、日本人的なキレイな女性で、ネチネチしたような、ストークしそうな錯覚を起こす魅力を持っていますね。(偏見ですよ!)
ジャンルを限定しない映画としてみると、酷評までは行かないものの、はっきり言って面白くないと思います。
ホラーとして見るならば、きっと日本人受けする作品だと思います。
9月に入ったというのに暑い!という人は涼しい映画館で、ゾクゾクしてはどうでしょうか?
(ちなみにアリオ亀有のMOVIXでは鑑賞者が少ない場合、空調をOFFするようです。)
劇中、MacBookやらライカやら、PENTAXのカメラが出てきました。
あのリンゴマークは( ̄ー ̄)ニヤリ

崖の上の・・・リサカー


リサカーには全く関係ないけれど・・・白と黒の車にオカマ掘られたの図。
IMGP3421
IMGP3420
IMGP3412
IMGP3409

ぽ〜にょぽにょぽにょ


昨日はドッグランで遊んだ後、もちろん宙、六、楓はお留守番で映画館へ行ってきました。
全体的に小さな子供がいればぜひ見てほしい作品かなと思います。
多分、子供が見ていられる時間で編集したんだと思いますが、ストーリーの展開が一部だけど「?」というところもありました。
でも子供には丁度いいのでしょう。
絵本だけじゃ想像できない、そういう世界観でした。
単純にアニメ映画としては、大人も子供も楽しめると思います。
上映開始から間もないので、内容に関しては触れずに。